【第1回】私がフリーランスになるまで 〜やりたいことがしたい〜

ここ最近、インスタもTwitterもブログも手付かずで

本業のことに没頭しておりました。

久々に開いてみたインスタのDMに

「chiroomさんはなんでフリーランスになったのですか?」

というコメントを頂きました。

(こんな未熟な私にコメントありがとうございます。コメントは本当に嬉しいです。。)

 

確かに、自己紹介もしてなければ、顔出しもしていない

信頼できるか!こんなやつ。と思われているかもしれません。( ←やめてください、、。笑 )

 

ということで、自己紹介も兼ねて何をしている人か

どんな生活をしているのか

アップするのがいいかなと思い立ったので出来れば連載風に

綴っていきたいと思います。

 

ちなみに、顔出しについては希望が多ければ多いほど検討しようかな、と思いますが

今のところは未定です。(笑)

イメージだけでもということで、最近はよく川口春奈さんと染谷将太さんに似ていると言われます。(笑)

 

 

————————————————————————

さて、本題に戻って、まずどのようにフリーランスになったのか。についてです。

 

某大手企業に勤めていた25歳の頃、

なんでこんなにやりたいことが制限されるのかあと思いながら働いていました。

私の周りは、優秀な方が多く自分のやりたいことを仕事にする人(俳優やタレント、制作会社など)が多く

そんな人が羨ましいなと思っていました。

もちろんやりたいことがないわけではなく、やりたいことを全て仕事につなげたいという考え方でした。

ただ、大企業が故、制限が多いわけです。

 

そんな時、

当時の上司からこんな言葉をもらいました。

「〇〇くんはもっと自由の方が、成長できるよね」と。

 

当時の私は、そこまで会社に嫌気があったわけではないですが、

本業に加えて、Web系のデザインや制作にも興味があり、スクールに行ったりなど

行動に移してチャレンジしている状況でした。

 

上司は良き理解者で、とても尊敬している方だったので共に苦労したかったのですが、

やりたいことを何も差し支えなくできる環境を求めていたと思います。

 

本業のプログラミングでなんとか生計を立てつつ、

寝る間を惜しんでやりたいことをやる!

 

こんな環境がとても楽しくひたすら勉強していました。

 

 

寝る間も惜しんで勉強する!

 

 

どんなに小さい仕事でも、独学で始めた覚えたてのデザインの知識をフル活用して
お客様が喜んでくれたり、お金を頂けたりすることが
会社員時代に比べて新鮮で、やっただけ成果が出ることが何より嬉しかったです!!

 

 

そして、こんな働き方に私の周りの人が興味を示すようになっていただけていることも

生きがいとして私のモチベーションになっています。

 

————————————————————————

 

第1回は、簡単ですが以上です。

 

働けば働くほど、専門知識がついて得意領域ができてきますが、

その反面、自分自身のやりたいこと、実現したいことへの意欲が失われることが多いと思います。

「これしたいけど、今までの経験は〜〜だからリスクあるなあ」とか

会社や組織などによって、自分自身を作られるものほどもったいないことはないと思います。

過去の経験や実績を気にせず、心の底から本気でやりたい、好きなこと興味あることに取り組むのは大事です!

 

もちろん、私にも紆余曲折ありました。

いろんな職種にチャレンジして、挫折したり。怒られたり。

 

それでも、やりたい、やり遂げたい、ワクワクする!

こんな感情を持つものには是非チャレンジしましょう。何にも変えがたいモチベーションです。

すぐに実現することはないと思いますが、やりたいことの小さいことの積み重ねで

生活の一部や自分自身に何かプラスの変化が生じます!

 

このブログから少しでも「気付き」を得ることや「ターニングポイント」に慣れるよう

今後も綴っていきたいと思います!