未経験の方へフリーランスとして稼ぐためにおすすめなスキル

  • 2月 26, 2020
  • 6月 7, 2020
  • JOB
JOB

こんにちはchiroom.です。
今はフリーランスとして、お仕事をしています。

現在はプログラミングで生計を立てていて、直近ではアフィリエイトや映像制作に力を入れています。詳しくはプロフィールを作りますので、少々お待ちください。

フリーランスになるとき、どんなスキルを身につけたの?とか、俺にも何すれば良いか教えてよ、と質問をいただくことが多いので、今回はその辺のことについてまとめてみようと思います。

フリーランスになるためにオススメなスキルは

 

正直なところは、得意なもの、好きなものをするが一番だと思います。

アプリの開発や、デザイン系、様々あ理ますが、まずは自分が継続的に取り組むことのできるものを選ぶようにしてください。

ただ、「それでも中でもオススメは無いのか?」と聞きたくなるのがある意味、意欲だと思うので、身近なフリーランスの人の話や実体験からオススメを選定していきたいと思います。

 

1番はWeb系スキルがオススメかと

 

結論、1番オススメするのはプログラミング、中でもWeb系が良いかなと思います。理由としては、

✔︎案件規模が小さいものからあるため取り組みやすい
✔︎需要が多い
✔︎周りのフリーランスエンジニアはWeb系が大半
✔︎初心者から出来る

です。

私はWeb系のエンジニアでは無いですが、案件をこなしていくと他の領域の案件の話をよく耳にします。中でもWeb系の話は舞い込んでくることがとっても多いです。また、案件1つの単価が細かいため取り組みやすいのも利点かな、と思います。

Web系の知識は初心者でも取り組みやすく、大半の知識はインターネットに転がっていますので、リサーチしながら知識を蓄えていくことが出来る点も魅力です。私も今頑張ってます。笑

一気にドン!と稼ぐことは難しいですが、取り組みやすさと仕事の受けやすさから一番オススメです。

複数のスキルを持つ人は重宝される

 

周りのフリーランスの人や案件をしていると、たくさんのスキルを持っている人がいます。こういう人は仕事を任せやすく利点がとても多いです。例えば、私は今Webマーケティングを勉強中なので、

 理想像→Webマーケティングにも強いエンジニア

●メインスキル:Webマーケティング

●サブスキル:HTML/CSS/PHP/JavaScript…

といった肩書きです。私は他にアプリケーションやインフラ系の知識を持っているので、ネットワークのレイヤーの下から上までをマスターすることによりどの領域の人とも会話ができ、世界が広がればと思っています。

 

スキルアップする際に大切なこと

 

どんなフリーランスでもスキルを磨くことが必要です。
スキルアップに必要なことは、「こなす」ことです。
ここは、わかりやすく「受験勉強」に例えながら説明します。

 

基礎知識をまず理解する

 

受験に合格するためには、試験に出てくる問題を理解することが必要です。まずは基礎を磨きましょう。
プログラミングでもライティングでも同じですが、この基礎を第一に早く理解します。
学生の教科書と同じように、どんな分野にも関わらず教科書、学習方法は必ずあるので、それに沿って勉強しましょう。

基礎を学んだ後、受験であれば志望校の対策をすると思います。では、フリーランスの場合はどうでしょう?

 

基礎学習後にやるべきこと

 

結論は「学んだことを実践し、そこから学ぶ」です。
固めた基礎を応用できるよう実践していきましょう。
方法は、いくつかあります。

✔︎クラウドソーシングで受注する
✔︎友人から案件を貰ってみる
✔︎期間を決めて就職する

クラウドソーシングならランサーズやクラウドワークスがオススメです。
友人でこういうものが欲しいとかあれば、実践の場にするのもありです。
就職することで決められた環境に身を投じるのもありです、私のエンジニアとしての知識はこの就職という選択肢をとり、実践し修得しました。どこが実践の場として理にかなっているかを判断することも必要です。

 

スキルが欲しいならとにかく勉強

まずは、取り組む第一歩が必要です。踏み出してみないとわからない世界です。
魅力に思うけど、実際は思い描いたことと違うかもしれません、その判断をできるのも踏み出してからなので
とにかく1歩目をいかに早く踏み出すかが必要です。
では、やってみて思い描いたことと違った場合はどうすべきなのか、

ダメだと思ったら別のスキルへ

 

この世界は一つのスキルで成り立っているわけでは無いので、悩む必要はありません。
とにかく継続できるもの、それがあなたにとって天職だと思いますので、それを見つける材料だったのか、と
割り切って別のスキルを磨く柔軟性も必要です。

何はともあれ、とにかく1歩目と継続性が必要です。
まずはやってみましょう!