【必読!】フリーランスと会社員の確定申告について解説

こんにちは、chiroomです。

今回は、フリーランスや独立した際に必要となる
確定申告について詳しくお伝えしようと思います。

私もあまり詳しくないのですが、知り合いの税理士さんから少しお話を伺った内容と
経験談でお伝えいたします。
(詳細は税理士さんに伺うことをお勧めいたします。)

そもそも確定申告とは何か?

確定申告とは「1年間の所得を計算・申告し、納税するまでの一連の作業」を意味します。

毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得にかかる税金(所得税及び復興特別所得税)額を計算し、
申告期限までに税務署に確定申告書や必要書類を提出して、申告・納税する手続きのことです。

 

確定申告が必要な人って?

会社にお勤めの方は、基本的に会社が納税作業を行ってくれるので基本的には確定申告の必要はありません。
ただし、会社員の方でも確定申告が必要になる場合もありますので、以下に例を紹介します。

・給与収入が2,000万円以上の場合
・配当所得や不動産所得などの副業所得が20万円を超える場合
・複数の会社から給与を受け取っている場合

一方で確定申告が必要な方は、私のような個人事業主・フリーランス、会社経営者、不動産収入がある方などです。

<確定申告が必要な人>
・事業所得のある人・・・いわゆる個人事業主、フリーランスの方。
・配当所得のある人・・・企業の株式などを保有していて配当を受け取る、いわゆる投資家の方。

その他、不動産所得、給与所得、退職所得、譲渡所得、 山林所得、一時所得がある人も対象になります。

確定申告をしないとどうなるのか?

申告が必要な人が確定申告をしないと、税金に「加算税」や「延滞税」がプラスされてしまいます。
余計な税金を支払う前に、きちんと確定申告を行いましょう。

確定申告の手続きが初めてでもっと詳しく知りたい方へ
下記でもう少し具体的な期間や方法についてお伝えします。

確定申告っていつの期間が対象なの?

確定申告の計算期間は1月1日から12月31日の1年間であり、
確定申告の申告期間は2月15日から3月15日になります。

2020年は新型肺炎コロナウイルスの影響で、4月16日までとなりました。(2020年2月27日追記)

上記の期間内に確定申告用紙を提出・納税を終わらせましょう。
(15日が土日祝日の場合は、翌月曜日にずれます。)

確定申告の種類について

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があります。

・青色申告

青色申告は事前の届けなど面倒な手続きは多いのですが、税金の面でメリットがある申告方法です。

・白色申告

青色よりも簡単に申告書が作成できるのが白色申告です。

確定申告の方法について

私が今まで試した確定申告の方法は以下の3つです。

・手書きで記載
・クラウド会計ソフトツールを使う
・税理士さんにお願いする

税理士さんにお願いするが一番確実ですが、
クラウド会計ソフトツールを使う方法が一番コスパが良いかと思います。

私が一番オススメなのが「Freee」という会計ソフトです。

会計ソフト Freee

項目がわかりやすくリスト化されているので
どんな初心者の方でも簡単に確定申告書を作成することができます。
有料オプションで、freeeのサポートスタッフに質問することも可能なので、
是非試してみる価値ありありのツールです。

 

まとめ

会社員時代は、全く理解していない(しようとも思わない)ことでしたが、
常に私たちの生活を取り巻く「お金」「納税」のことについて学ぶ必要があるな、と思いますよね。

独学で一通り勉強しましたが、専門家に聞くなりしないと合ってるかわからないのが正直なところです。

もっと詳しく理解できたら、またまとめようかと思います。