リライトしてブログ収益を爆上げする方法!具体的なやり方やコツを紹介

  • 6月 10, 2020
  • BLOG

こんにちは、chiroomです。

 

今回は、

 

  • リライトってどうすればいいの?
  • リライトって必要なの?

 

このような悩みを解決できる記事を作成しました。

 

本記事で紹介する『リライトして収益を上げる方法』をご覧いただくことで、正しいリライトのやり方を学び、その際の注意点を学ぶことができますよ。

 

『リライトして検索順位をあげたい!』という悩みを抱えている方は多いと思いますので、効率的に検索順位を上げる方法についてご紹介しようと思います。

 

リライトとはなにか?

 

 

まずは『リライト』について少し紹介します。

 

『リライト』とは、1度綴った記事に手直しを加えることを意味します。

 

まるっきり別の内容にするのではなく、味付けをしたり、表現を変えたりすることです。

 

リライトすることで、記事の順位が上がることもあれば、下がってしまうこともあります。

 

『間違った』方法でリライトをしてしまうと、検索順位を下げてしまうことがありますので、正しい方法でしなければなりません。

 

リライトの目的は、『検索順位を上げること』ですので、正しいリライト方法を身につけていなければ逆効果になってしまいます。

 

それでは以降でどのようにリライトすべきかについてご紹介していきます。

 

 

ブログをリライトする方法(手順・コツ)

 

 

まずは、リライトする記事すべき記事を選ぶ必要があります。

 

リライトすべき記事のポイントは以下の2通りです。

 

  • サイト滞在時間
  • 検索順位

 

特に今回は重要な『検索順位をみてリライトする方法』についてご紹介していこうと思います。

 

『検索順位をみてリライトする方法』は以下の手順の通りです。

 

  1. リライトする記事を見つける
  2. 競合サイトをチェックする
  3. 情報を加える
  4. 内部リンクを加える

 

それでは、順に説明していきます。

 

リライト手順①:リライトする記事を見つける

 

まず始めに、リライトする記事を見つけていきましょう。

 

リライトすべき記事の基準は、以下の通りです。

 

  • 公開して3ヶ月経過している記事
  • 検索ボリュームが少ないキーワードで30位以下
  • 検索ボリュームが多い記事で100位以下

 

この条件に当てはまる記事をリライト対象記事としましょう。

 

また、この条件を確認するには、『Googleサーチコンソール』と『Rank Tracker』の2つの方法がありますが、『Rank Tracker』で確認する方がより良いです。

 

『Rank Tracker』は自分の記事の順位変動を細かく確認できるので、より収益化させたい場合は細かな分析が必要になるので非常にオススメです!

 

リライト手順②:競合サイトをチェックする

 

次に検索上位に表示されている競合サイトをチェックしに行きましょう。

 

自分で実際に見に行く事は非常に大切です!

 

なぜなら、実際に上位に表示されているものは、Googleから高い評価を受けており、信頼を勝ち取っている記事だからです。

 

大体ですが、私も上位3つほどの記事は確認するようにしています!

 

チェックしに行く際に、注意すべき点は以下の3点です。

 

  • 導入文
  • コンテンツボリューム
  • 不足している情報
参考にすべき部分と、競合に打ち勝つことのできる付加価値を見定める必要があります。

 

リライト手順③:情報を加える

 

次に、競合サイトと自分のサイトを比較して情報を付け加えていきましょう。

 

導入文

 

検索上位に表示されている部分は、記事の導入部分で読者の悩みをしっかりキャッチしていることが多いです。

 

そのため、記事を最後まで見られ滞在時間も増えることでGoogleからの評価も高くなります。

 

なので、導入部分から共通点、不足点を見出し修正が必要な点は改善していくことが大切になります!

 

コンテンツボリューム

コンテンツボリュームは、読者が知りたい情報が不足なく書いてあるかということです。

 

文字数にも比例するかもしれませんが、大切なことは必要な情報を簡潔にまとめ読者にストレスを与えない記事に仕上げることです。

 

読者はいち早く悩みを解決したいので、だらだらとした文章は好みません。

 

不足なく、網羅性に長けている記事にしましょう!

 

不足している情報

 

競合サイトが書いていない補足情報を加えるといいでしょう。

 

Googleは競合サイトに書かれていない情報を重宝して検索順位を変動させています。

 

特にオリジナリティを出せる『経験談』『思考』の部分は、他人には真似できない部分ではあるので、このような情報を加えるとより効果的なリライトになります。

 

無闇に情報を加えるだけでも検索順位は上がらないので注意してくださいね。

 

リライト手順④:内部リンクを加える

 

最後に、内部リンクを加えましょう!

 

内部リンクを効果的に使用することで、自サイトの滞在時間が増えるので、Googleからの評価が上がります。

 

関連性の高い記事がない場合は、不足している部分に対して記事を作成して見ましょう!

 

リライトするときの注意点

 

 

改めてですが、リライトの目的は『サイトを上位表示させること』です。

 

リライトすることで、順位を下げる可能性もあります。

 

リライトして検索順位を自分の手で下げないようにするために以下の点に気をつけましょう。

 

  • キーワードを削除する
  • パーマリンクを変更する
  • 他サイトをコピーする

 

以降で詳しくご説明します。

 

キーワードを削除する

 

キーワードが含まれている文章を削除してしまうと、検索順位が下がってしまいます。

 

さらに文章全体を大幅に変更してしまうと、キーワードを消してしまったりするので注意が必要です。

 

『付け加え』『微修正』程度に留めておくことがオススメです。

 

パーマリンクを変更する

 

パーマリンクとは、記事のURLのことを意味します。

 

もちろんパーマリンクを修正することもできますが、これをしてしまうと新記事扱いになってしまうので、せっかく評価してもらっていた記事が台無しになってしまいます。

 

なので、パーマリンクは必要でない限りはそのままにしておきましょう。

 

他サイトをコピーする

 

よく見かけますが、他サイトの内容をコピーしてしまうとサイト順位は下がります。

 

また、他サイトではなく自サイト内の他の記事の内容をコピーしても検索順位は下がってしまいます。

 

せめて表現を変えるか、構造を変更することでコピーと認識されることを防ぎましょう。

 

どうしてもその内容を引用したい場合は、『内部リンク』を用いて橋渡ししましょう。

 

 

リライトしてブログ収益を爆上げしよう!

 

 

今回は、『ブログ記事のリライト方法と注意点』についてご紹介しました。

 

本記事を改めて振り返りましょう!

 

 

  • サイト滞在時間
  • 検索順位

 

  1. リライトする記事を見つける
  2. 競合サイトをチェックする
  3. 情報を加える
  4. 内部リンクを加える

 

  • キーワードを削除する
  • パーマリンクを変更する
  • 他サイトをコピーする

 

これらのことに注意してリライトを進めることで、検索順位を上げることに繋がり、収益を上げることに繋がります!

 

是非参考にしてみてください!