ブログキーワードの選定方法とキーワードプランナーの使い方を解説

  • 3月 21, 2020
  • 6月 7, 2020
  • BLOG

こんにちは、chiroomです。

今回は、

  • ブログキーワードって重要なの?
  • キーワード選定ってどうするの?
  • キーワードプランナーってどう使うの?

このような悩みを解決できる記事を書きました。ブログのSEO対策では、キーワードの選び方が重要要素になってきます。

最近では、「TwitterからのPV数を稼げば良い」とキーワードをあまり意識しないブロガーさんを多く見てきています。

ただ、その場合はファンは増えますがSEOとしての効果は一時的なものなので、SEOを強くすることでフォロワーも増えるので、ブログを立ち上げたらキーワード選定をちゃんと行いましょう。

本記事通りに対策をすることで、ブログSEOを強くしましょう。

【ブログキーワード選定の前に】覚えるべき2つの基礎知識!

ブログキーワードの基礎知識として、必ず覚えるべきことは以下の2つです!

覚えるべき基礎知識2つ
  • ブログキーワードとは
  • ブログキーワードに重要性

ブログキーワードとは?

ブログキーワードとは、「検索ユーザーの悩みを言葉で表したもの」です。

たとえば、あなたが彼氏と東京駅でデートディナーをしたいとき、「東京駅 ディナー デート」(=ブログキーワード)と検索するはずです。

このようにブログキーワードには、「ユーザーの悩みや考え」が現れることを覚えておきましょう。

ブログキーワードの重要性

ブログキーワードは、ユーザーのニーズを理解するため重要です。

Googleは、ユーザーのニーズに一致して解決策を提示するコンテンツを高く評価します

実際にGoogleは以下のように公言してます。

完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである。

引用元:グーグル(便利な検索サービス)

ニーズを解決する記事を書くためには、「ニーズを正しく分析し、把握すること」が何よりも大切です。

ユーザーのニーズを正しく把握するために、ブログキーワードが重要になります

ブログキーワードの選定手順とノウハウ

以下のブログキーワード選定手順でSEOキーワードを選定をしていきます。ブログSEO対策でとても重要な工程ですので、理解できるよう読みながら実践してみましょう。

  1. 関連キーワード取得ツールでブログのSEO関連キーワードを抽出
  2. キーワードプランナーでブログキーワードの検索ボリュームを抽出
  3. ブログの読者となるターゲットとなるブログキーワードを選ぶ
  4. ブログキーワードのカテゴリーを決める
  5. ブログの記事テーマを決める

①:関連キーワード取得ツールでSEO関連キーワードを抽出

まず始めに、候補となるキーワードを取得します。関連するキーワードの全体像を把握しましょう。

関連キーワードは無料のツールで取得できます。たくさんの無料ツールがありますが、今回利用するのは、関連キーワード取得ツールです。

今回の例では、「転職をテーマにするブログを運営したい」という前提に、SEOキーワードの取得方法をご紹介します。

関連キーワード取得ツールにアクセスし、キーワードテーマ(転職)を入力し検索します。

「転職」に関連するキーワードの一覧が表示されます。

赤枠は検索数が多い順番で表示されます。他は五十音順で並べられています。

青枠の全キーワードリストは、表示されているキーワードがまとまっており、全選択ができるのでコピーします。

②:キーワードプランナーでブログキーワードの検索ボリュームを抽出

関連キーワード取得ツールで全キーワードをコピーしたらキーワードプランナーにアクセスします。

キーワードプランナーとは、googleが提供するツール「google広告(google AdWords)」の一つの機能となっています。

※キーワードプランナーの登録はこちらから

google広告には、無料と有料のサービスがありますが、有料版をおすすめします。無料と有料の違いは以下となります。

  • 無料・・・検索ボリュームの数値幅が広く選定が難しい
  • 有料・・・検索ボリュームの数値が正確

リサーチできる検索ボリュームの数値に違いがあります。詳細は後ほど説明いたします。

 

ここからはキーワードプランナーの使い方を紹介していきます。

①Google広告へ登録したら上記メニューの「ツール」を選択。

②「プランニング」の「キーワードプランナー」を選択。

③右を選択。

④関連キーワード取得ツールでコピーしたキーワードを貼り付け、右下の「開始する」ボタンをクリック。

⑤過去の指標をクリック。

⑥「月間平均ボリューム」をクリックして並び替えをしましょう。キーワード毎に月間でのボリューム数が記載されているのが分かります。

この数値は毎月変動し、今回の「転職」ワードだとシーズンである10月前が最も多くなっています。ブログSEO対策は、キーワードが検索されるシーズンを把握することも大切です。

⑦キーワードをダウンロードします。

これで検索ボリュームの抽出は完了です。ちなみに無料版だと次のような抽出結果になります。

<無料で使用した場合>

「10万~100万」「1万~10万」と表現が曖昧になります。この数値だとSEO対策しようとしても情報量に限界があるので、的確な数値が分かる有料版を使用するようにしましょう。

③:ブログの読者となるターゲットとなるキーワードを選ぶ

キーワードプランナーでキーワードを抽出したあとは、記事テーマとなるキーワードを選びます。

選び方のポイントはユーザーの検索ニーズと検索ボリュームの2点です。検索ボリューム数の数値は高いほど需要があるということですが、そのキーワードとブログとの親和性を考える必要があります。

まずは、ロングテールキーワードで狙った記事から順番に制作していき、ビックキーワード記事への導線を作りましょう。詳しくは別の記事で紹介しています。

ボリュームが50以下だとニーズが低すぎでブログのPV数は増えないので、最低でも100以上あるキーワードを選びましょう。

「転職」の関連キーワードをボリュームの大きい順に並べてみました。例えば、上から2番目の「転職 サイト」と検索するユーザーは、どんな情報を求めていると思いますか?

答えは、「自分にあった転職サイト」です。実際に検索すると大手転職サイトが並びます。この場合、ブログで作れる記事テーマは「おすすめの転職サイトまとめ」や「転職サイトの比較」になると思います。

しかし、このテーマだと競合が勢揃いなのでブログ記事を1ページ目に表示させること自体難しいかもしれません。なのでSEOを完璧に理解していない状況で記事を作るのはあまりおすすめしません。

次に、「転職 会議」はキーワードに相応しくありません。ユーザーニーズは「転職会議」という転職サイトを求めています。SEOで上位表示を狙うのは難しいです。

最後に、この「転職 履歴 書」はキーワードに適しています。ユーザーニーズは「転職の際に必要な履歴書の書き方のコツ」を求めていると想定できますよね。

このようにキーワードの選び方は、作ろうと思っているブログとの親和性や、ユーザーニーズに応えた情報が記事コンテンツとして相応しいかを考慮することが大切です。

 

④:ブログキーワードのカテゴリーを決める

ブログキーワード選定の次はカテゴリーを決めましょう。カテゴリーはサイト構造の一部として位置付けられ、ブログでSEO対策をするのにとても重要です。

 

キーワード全体を把握し、カテゴリーを決めましょう。カテゴリーはブログ内周遊を高めるために必要とされるので、SEOに大きく影響されます。

今回の転職ワードでは、「転職サイト」「エージェント」「転職ノウハウ」の3つにしました。

  • 転職サイト・・・転職サイトの情報を知りたい
  • エージェント・・・転職エージェントの選び方などを知りたい
  • 転職ノウハウ・・・履歴書の書き方や志望動機の伝え方のコツなどを知りたい

このように、カテゴリー分けは記事を作成する前に決めておきましょう。

⑤:ブログの記事テーマを決める

記事テーマの決め方のコツは、ブログキーワードを実際に検索してみてどんな記事が上位表示されているかをリサーチすることです。

ちなみに、Google検索結果に表示されるコンテンツのジャンルとその割合は、Googleのアルゴリズムによって決まります。アルゴリズムを理解することがSEO対策への近道になります。

ブログのキーワード選定には時間をかけましょう

ブログキーワードの選び方とキーワードプランナーの使い方を説明しました。改めてキーワード選定の手順を振り返りましょう。

キーワード選定5ステップ
  1. 関連キーワード取得ツールで関連キーワードを抽出
  2. キーワードプランナーでブログキーワードの検索ボリュームを抽出
  3. ターゲットとなるブログキーワードを選ぶ
  4. ブログキーワードのカテゴリを決める
  5. 記事テーマを決める

まずは、実践です!自身で戦略立てをしてみましょう!!